転職する際のキャリアアピールの仕方

求人の募集をしている会社では、これまでのキャリアをまとめたシートを採用で重視するところが数多くあり、いかにわかりやすく自己アピールをするかが転職活動ではポイントになります。そのためには、まず自分の有する資格や経歴を整理して把握することから始めることが必要です。自分の職務経歴を整理したら、次に転職しようとしている会社がどんな人材を求めているのかをしっかり調べましょう。
これまでの経歴が専門的な内容の場合は、これからエントリーしようとしている会社が異業種だと、これまでのキャリアをアピールしたところであまり効果的とはいえないからです。会社がマネージメント能力を重視しているのなら、これまでのあなたが中心になって行ったプロジェクトを前面にアピールするなど、何を一番にアピールするべきかを知る努力をしましょう。また、表記の際には、記載する順序もポイントになりますので、最もアピールしたい項目を優先して記載するようにしてください。そうすることで、相手に有能な人材であることを印象付けることができます。
しかし、業務経験が少ない場合は、職務経歴よりも資格や志望の動機などをアピールポイントにした方がよいかもしれません。あくまでも、自分をプレゼンするという考え方で履歴書とキャリアシートは作成するべきです。転職活動の際に準備する書類には、ただ経歴を羅列させるのではなく、個性や熱意も盛り込むことが転職成功への第一歩に繋がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です